契約した後でフレッツをクーリングオフするにはどうすればいい?

契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約書面を受け取った日から9日目になる前までは書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは強引な契約勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいと考えている人も少数ではありません。
クーリングオフが不可能な場合には、解約のためにお金を支払ってでも解約したい!と思う人もいるみたいです。
wimaxプランパスポート1年というサービスは利用登録料が税別で三千円で利用できます。
利用を始めた月、もしくは契約を更新した月から起算して、一年間が契約期間となります。
更新月に解約手続きをしない場合は、契約期間が自動で延長されます。
もし契約更新月に解約の手続きをした場合は、違約金は取られませんから、更新月を忘れないようにチェックしておきましょう。
このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、間違えたと思っています。
確かに、料金はかなり出費が減りました。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
安易にフレッツ光プロバイダ変更をしてしまったなと、後悔がやってきました。
クレームがフレッツには多数届けられており、その一つに加入して一ヶ月後くらいに、急にネット接続が出来なくなる事例がございます。
その事例の場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、何とか無事使うことの出来るようになったみたいですが、こういうクレームは日々たくさん寄せられているそうです。

プロバイダー人気ランキングはこちら