住宅ローン審査には保証人が必要ないって本当?

住宅ローンは借金です。
借金をする際には、借りた人の返済が滞った場合に弁済してくれる人を確保しておかなければ、安心してお金を貸すことはできません。
そこで必要な制度が「保証」というものです。
住宅ローンの場合は、保証会社が信用保証業務を行なってくれるので、住宅ローン契約者が保証人を立てる必要はありません。
この場合、住宅ローン契約者と保証会社の間で「保証委託契約」が結ばれ、金融機関と保証会社の間で「保証基本契約」が結ばれます。
保証会社も住宅ローン契約者と契約するわけですから、住宅ローン契約者は保証会社の審査を受けて合格する必要があります。
審査に落ちると保証が受けられないので、住宅ローンは借りることはできません。
又、夫婦で契約するときは、配偶者を連帯保証人に設定する住宅ローンもあります。
しかし、一度連帯保証人になると、離婚して他人になっても保証人をやめることはできなくなります。
三菱東京UFJ住宅ローン繰り上げ返済は損?手数料は?【メリットは?】